マグカップ:ご入稿方法について



●ご注文フォームはコチラ(オンライン入力で送信) 
●発注書はコチラ (ダウンロードしてご記入ください)

ご自身で、「Photoshop」もしくは「Illustrator」でデータを作成して入稿する方法です。
一番お安く制作する事が可能ですが、デザインソフトを使用する、ある程度の経験が必要となります。
グループ内で、デザイン制作が得意な方がいらっしゃれば、この方法がオススメです。・プリントサイズは、幅180mm×高71mm以内です。
・お洋服のデザイン部分のみ、弊社の方で、データ上で合成致します。
・お名前の間違い等がないか、よくご確認下さい。
・Photoshopで制作の場合は、350~400dpiの解像度でご入稿下さい。※お客様の方で制作されたデザインにつきまして、弊社では、スペルのチェックや誤字、脱字、その他のデザインのチェックを行いません。ご入稿の前に、細心の注意を払って、ご入稿下さい。ご納品後に、デザインの間違いが見つかった際に、再制作となった場合でも、弊社の責任の範囲外のことになりますので、割引等の対応は一切行えません。予めご了承下さい。

 

 

2番目にお安い制作方法です。
リーズナブルでオススメの方法です。当社が指定したサイズの台紙(ダウンロード可能)に、お客様の方で、顔写真を張り付けて頂きます。
なるべく綺麗で厚手の光沢紙に、顔写真の印刷をした方が、マグカップへの印刷も綺麗になります。
コピー用紙にプリントアウトしたお顔を貼り付けるのは、顔が透けてしまう為NGです。普通の写真を切り抜くか、厚手の紙にきれいに印刷したものをご使用下さい。次に、台紙をコピーし、そのコピーした用紙に、ボディ番号、お名前、書体番号、文字色の指定等の指示を、書き込んで下さい。台紙と台紙のコピー(指示書)をご郵送頂いた後、弊社で、ボディとお名前の入力作業を行います。
※下記台紙のテンプレートをダウンロードし印刷して下さい
【個人名入り:12人以下用台紙テンプレート】
【個人名入り:12~28人用台紙テンプレート】
【個人名入り:29~38人用台紙テンプレート】
【個人名入り:39~44人用台紙テンプレート】
【個人名入り:45~50人用台紙テンプレート】
【個人名無し:32人以下用台紙テンプレート】
【個人名無し:42人以下用台紙テンプレート】
【個人名無し:50人以下用台紙テンプレート】※印刷した用紙は、折り曲げ厳禁となります。ご郵送の際は、折らずにお送り下さい。
※真っ白で、厚みのある紙をご用意下さい。下の模様が透けてしまうような薄い紙の使用は禁止となります。
※別々の場所で撮影された写真を使用すると、お顔の明るさ(暗さ)が異なってしまいます。同じ明るさの場所で撮影された写真を使用すると、綺麗に印刷が行えます。個別のお子様ごとに、表情の明るさを統一する作業は弊社の方で行っておりませんので、予めご了承下さい。(※個別に調整して、表情を明るくする等の処理を行うと、例えば、髪の毛の色が極端に赤や青なってしまったりなど、色を合わせる事が物理的に非常に困難な為です。)
※台紙に張り付けてご入稿頂いた場合、顔の大きさのサイズ調整は、行っておりません。バラバラなサイズの物を調整したい場合は、3番目のデザインの制作を弊社にすべてお任せ頂くご入稿方法をお選び下さい。
上記の台紙と台紙のコピーを、弊社までご郵送下さい。

※それぞれコピーを1部ずつ、控えとしてお手元に残しておいて下さい。
※お送り頂いた資料は、返品しておりませんので、予めご了承下さい。

いちばん、カンタンに制作できる方法です。

写真撮影を行って頂く必要はございませすが、写真データをお送り頂ければ、弊社で顔の切り抜き作業と、ボディへの張り合わせ作業、文言の入力作業を行います。

ご注文フォーム(もしくは発注書)からお申込み頂いた後、
data@robinfactory.co.jpまで、写真をお送り下さい。

お写真には、生徒様のお名前を、ファイル名としてつけて下さい。

※下記台紙のテンプレートをダウンロードし印刷して下さい
【12人以下用台紙テンプレート】
【12~28人用台紙テンプレート】
【29~38人用台紙テンプレート】
【39~44人用台紙テンプレート】
【45~50人用台紙テンプレート】※台紙テンプレートに、生徒様の並び順をご指示頂き、
「お名前」 「ボディ(お洋服)番号」 「入力する文言の書体番号」 「文字の色」をご記入下さい。※別々の場所で撮影された写真を使用すると、お顔(表情)の明るさ(暗さ)が異なってしまいます。同じ明るさの場所で撮影された写真を使用すると、綺麗に印刷が行えます。個別のお子様ごとに、お顔の明るさを統一する作業は弊社の方で行っておりませんので、予めご了承下さい。(※個別に調整して、表情を明るくする等の処理を行うと、例えば、髪の毛の色が極端に赤や青なってしまったりなど、色を合わせる事が物理的に非常に困難な為です。)


ボディ(お洋服)一覧はコチラ


書体一覧はコチラ


文字色一覧はコチラ