プリント方法について

プリント(マーキング)の方法は「シルクスクリーンプリント」と「フルカラーデジタル転写プリント」「フルカラー昇華転写プリント」「ダイレクトインクジェットプリント」「刺繍」「フロッキー転写」の5種類がございます。
プリントの特性を下記にてご参照頂き、プリント方法をお選び下さい。

▼ シルクスクリーンプリント

プリント内容 1色、2色、3色、4色程度までの単色プリント
└グラデーション等を使用しないデザイン
説明 色ごとに版を作り、インクを生地に直接プリントする。
デザイン 色数の少ないデザイン(1色~4色程度)。
濃淡(グラデーション)のないもの。
デザインサイズ 通常、約B4サイズ(240mm×350mm)、約A3サイズ(280mm×400mm)、以内。
それ以上のサイズは別途お見積。
長所 洗濯強度が高い為、ユニフォーム等繰り返し着用する場合に最適。
プリント枚数が多い場合やプリントカラー数が少ない場合は、
一番コストが安い。
短所 製版代がかかるので、10枚未満の場合、割高になる。
1mm以内の線や、線と線の隙間はプリント不可となります。
印刷部分へのアイロン掛けは不可。

 

▼ (ダイレクト)インクジェットプリント  詳細はコチラ

プリント内容 1色、2色、3色、4色程度までの単色プリント
└グラデーション等を使用しないデザイン
説明 業務用の大型インクジェットプリンターで、生地に直接フルカラープリントを致します。淡色(たんしょく)系の生地に印刷が可能です。白インクがない状態で、カラーインクだけを印刷しますので、例えばライトイエロー生地への印刷は、全体的に薄い黄色が反映した仕上がりになります。ですので、基本的には、ホワイト生地への印刷がオススメです。
濃色(のうしょく)系生地への印刷は、下処理剤や洗濯堅牢度等の問題でオススメが出来ない品質の為、現在取りやめております。 詳細はコチラ
デザイン 4色以上のフルカラーのデザイン。
濃淡(グラデーション)のあるもの。
写真やCGや色数の多いデザインなど。
デザインサイズ 通常、A4サイズ(200mm×280mm)か、A3弱サイズ (280mm×400mm) まで。
長所 生地に直接印刷する為、転写シートを使ったプリントより、風合いが良い。小ロットでのフルカラープリントが可能。製版代がいらないので、50枚以内の小ロット向き。
短所 淡色系生地の場合、細かな繊維クズが生地に残っている場合、その上に印刷が施されると、繊維クズが取れた際に、ドット抜けのように、印刷されない小さな点が出る場合がある。
印刷部分へのアイロン掛けは不可。プレス機により、インクを定着させる為、若干プレス跡が残ります。 詳細はコチラ

 

▼ (フルカラー)デジタル転写プリント 詳細はコチラ

プリント内容 4色以上、写真やCG、色数の多いデザイン等に最適(1~3色でも可能です。)
└グラデーション等を含むデザイン
説明 特殊な専用ノリを、シルクスクリーンの技法で、デザインがプリントされた転写紙に印刷します。その後、その転写紙を、高圧熱プレス機にて圧着致します。特殊な専用ノリは、白色タイプと透明タイプがあり、デザインの周囲1mm程度に白縁か透明縁が付きます。ナイロン生地にもフルカラー転写可能です。また、細かすぎるデザインの場合、プリントができない場合もございますので、予めご相談頂ければ幸いです。
デザイン 4色以上のフルカラーのデザイン。
濃淡(グラデーション)のあるもの。
写真やCGや色数の多いデザインなど。
デザインサイズ 最大約A3サイズ (280mm×400mm) まで。デザインを2丁取りする場合は、280mm×195mmまで印刷可能。プリントサイズによってお見積り金額が異なります。
長所 多い色数のデザインや写真のプリントが安価に可能。昇華転写と違い、カラー生地でもフルカラープリントが可能。色数が増えても、製版代が値上がりしない為、300枚以内の小ロット向き。
短所 シルクスクリーンより洗濯強度が落ちます。練習着等、繰り返し着用される衣類への使用は、強くオススメしておりません。デジタル転写のお洗濯方法はこちらをご確認下さい。また、フルカラー転写はプレス機によるプリントの為、若干プレス跡が残り、小さなホコリを巻き込む場合もあります。印刷部分へのアイロン掛けは不可。

 

▼ 刺繍  刺繍の仕上がりについて

※刺繍は、ポロシャツ、キャップ、Tシャツ等で人気のマーキング方法です。

刺繍内容 糸で色数は4色まで程度表現する為、細かいデザインには不向きです
└糸の色数は4色程度までが多いです
説明 個別の名前や、共通のワンポイントマークを入れる場合に使用します。既定の書体見本からお選び頂いたり、オリジナルデザインのパンチ(製版に相当)データを制作する事も可能です。糸でデザインを表現する為、プリントと比べ再現性が低いです。
刺繍は、元のイメージを糸の縫い方で再現しますので、元データからかなり変更される場合がございます。 お客様よりご入稿頂きましたデザインデータは、大きく3つの縫い方(フリ縫い・タタミ縫い・ステッチ縫い)を組み合わせて表現致します。
担当者が長年の経験により、なるべくイメージに近くなるよう、デザインデータを刺繍データに変換致しますが、基本的に、 縫い方につきましては弊社におまかせ頂く形となります。また、生地の裏面に不織布の接着芯が多少残ります。やわらかい生地に刺繍をきちんと行う為の不織布の生地を当てます。無理に取ると刺繍が痛む可能性があるので、お洗濯で自然に取れるまで放置して下さい。
デザイン 糸の打ち込みで表現できる比較的単純なもの
デザインサイズ 最大で15cm×10cm程度 まで。
長所 最高級感が出ます。
短所 細かいデザインや複雑なデザインに不向き。刺繍枠をはめて生地にテンションを掛けて刺繍を行いますので、刺繍枠の跡(シワ)が残ります。

 

▼ フルカラー昇華(ショウカ)転写プリント

※マグカップ、キャップ、のぼり等でのプリント方法です。

プリント内容 4色以上、写真やCG、色数の多いデザイン等に最適(1~3色でも可能です。)
└グラデーション等を多用するデザイン
説明 転写シートにフルカラーでデザインをプリントした後、プレス機にて熱圧着する。生地にインクを染み込ませる為、染物のような仕上がりになり、高級感が出ます。
デザイン 4色以上のフルカラーのデザイン。
濃淡(グラデーション)のあるもの。
写真やCGや色数の多いデザインなど。
デザインサイズ 通常、A4サイズ(200mm×280mm)か、A3弱サイズ (280mm×340mm) まで。
長所 生地に直接インクを染み込ませる着色の為、洗濯の強度は強い。製版代がいらないので、300枚以内の小ロット向き。
短所 ホワイト系のポリエステルの生地限定のプリント方法。フルカラー転写は、プレス機によるプリントの為、若干プレス跡が残り、プレス時に、小さなホコリを巻き込む場合があります。印刷部分へのアイロン掛けは不可。