■ ダイレクトインクジェットプリント

単価表(税込):プリント面積


下記の料金は、Tシャツ(ポロシャツ)代、プリント代込みの単価(税込)となります。

詳細につきましては、別途お問い合わせ下さい。

※現在、濃色生地へのインクジェットプリントは受注をお受けしておりません。濃色生地には、デジタル転写というフルカラー印刷可能な方法で、受注をお受けしております。詳しくはお問い合わせ下さい!! 

■プリントスター ヘビーウェイトTシャツの場合   このTシャツの詳細はコチラ

■種類 淡色(ホワイト系)生地
プリント面積
(13×13cm)

(21×30cm)
特大
(26×36cm)
超特大
(30×40cm)
10枚 @1252 @1334 @1446 @1489
15枚 @1118 @1206 @1325 @1374
20枚 @1098 @1189 @1312 @1364
25枚 @1043 @1136 @1261 @1315
30枚 @1004 @1098 @1224 @1280
35枚 @974 @1069 @1197 @1253
40枚 @951 @1046 @1175 @1231
50枚 @923 @1021 @1153 @1213
70枚 @867 @966 @1098 @1159
100枚 @845 @942 @1073 @1131

 

■プリントスター T/Cポロシャツの場合   このポロシャツの詳細はコチラ

■種類 淡色(ホワイト系)生地
プリント面積
(13×13cm)

(13×13cm)
特大
(26×36cm)
超特大
(30×40cm)
10枚 @1553 @1635 @1747 @1790
15枚 @1417 @1505 @1624 @1673
20枚 @1396 @1478 @1610 @1662
25枚 @1340 @1433 @1558 @1612
30枚 @1300 @1394 @1520 @1576
35枚 @1269 @1364 @1492 @1548
40枚 @1245 @1340 @1469 @1525
50枚 @1215 @1313 @1445 @1505
70枚 @1154 @1253 @1385 @1446
100枚 @1125 @1222 @1353 @1411

ベイシックレイヤードポロシャツは、単価190円UPです(印刷面が白い生地だけ対応可)。



※ベタ塗り面積が大きな場合は、別途お見積もり

※ロングTシャツ、淡色系のパーカー、淡色系のトレーナー、トートバッグ等の印刷も可能です。別途お問い合わせ頂ければ幸いです。 

ダイレクトインクジェットプリントとは?
(ホワイト生地限定の印刷方法です)

■Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、トートバッグ等のコットン(綿)系の印刷方法でもっとも一般的な印刷方法は、シルクスクリーンプリントです。
シルクスクリーンプリントは、1色プリントカラーを追加する度に版代がかかり、 量産する場合には、安価に製作できるのですが、小ロットでの多色印刷には、不向きなプリント方法でした。

■それを補う方法として、近年、インクジェットプリンターで、直接生地に
印刷できるダイレクトインクジェットプリントという方法が出て来ました。
ダイレクトインクジェットプリントの最大の利点は、色数を何色使用しても、
版代が掛からないという点で、小ロットのフルカラー印刷が、格安価格にて
製作が可能です。
但し、ホワイト系やナチュラル系の生地へのプリントしか行えない状況で、色のついた生地への印刷は行えない状況です。

グラデーション表現も可能な為、シルクスクリーンでは表現が難しかったコンピュータグラフィックスや、人物、写真等のデザインも印刷可能です。

■混同しやすいフルカラー表現が可能なプリント方法として、昇華転写プリントという印刷方法があります。
昇華転写プリントは、白いポリエステル系生地限定の印刷方法であるのに対し、
ダイレクトインクジェットプリントは、一般的な綿の生地に印刷が可能で、
白い淡色系の生地にも、黒い濃色系の生地にも印刷が可能な為、汎用性が高く、
幅広いニーズにお応えする事が可能です。
※ダイレクトインクジェットプリントは、細かな濃淡が出にくい印刷です。 例えば、薄い青と、普通の青を印刷すると、同じような色として印刷されます。 濃い青と薄い青の違いはでますが、色の濃淡は再現しにくい状況があります。

淡色系生地と濃色系生地の違いについて

■ダイレクトインクジェットプリントは、大きく2つに印刷の種類が分かれます。

(※注意)弊社では、濃色系生地へのダイレクトインクジェットプリントは行っておりません。

一つ目が、淡色(たんしょく)系の生地へのプリントで、生地の色が、ホワイト、ナチュナル、ライトブルー、ライトピンク等のTシャツ(ポロシャツ)の場合、ホワイトインクを使用せず、デザインのカラー部分だけが印刷されます。デザインの白い部分や透明な部分は、何も印刷されない為、生地の色がそのまま出ます。また、生地の色がナチュナルカラーや、ライトブルー等の薄い色がついているTシャツの場合は、印刷されたカラーインクが下地(生地)の色に影響されます。例えば、ライトブルーの生地に印刷を行うと、デザインが生地色に影響され、全体的に少し青みがかります。

二つ目は、濃色(のうしょく)系の生地へのプリントです。生地の色が、ブラック、グレー、ブラウン、ロイヤルブルー、レッド、イエロー、パープル等のカラーTシャツの場合、印刷を行う前に一度、下処理剤(アンダーコート剤)を生地に吹きつけます。その後、ホワイトインク⇒カラーインクの順で印刷を行います。デザインの透明部分には何も印刷されませんが、白い部分や、デザインの下地の部分には、ホワイトインクで印刷が施される為、淡色系生地への印刷と比べ、プリント部分は、インクの厚みがあります。

※弊社では洗濯堅牢度や下処理剤の生地への影響を踏まえ、濃色生地への印刷はお引き受けしておりません。予めご了承ください。

プリントカラーの再現性について

■ダイレクトインクジェットプリントは、パソコンのモニターで表示されている色味を、再現する事ができません。デザインデータを作成する際に、CMYKモードで作成すると、RGBモードで作成されたデザインよりは再現性が高まりますが、それでも、デザインの色味はかなり変わる場合がございます。
※色味の再現性の保証は、物理的に難しい状況がございますので、予めご了承下さいませ。 

ダイレクトインクジェットプリントの長所と短所

【長所】
■版代が掛からない為、色数を何色使用しても、お値段は変わりません。
■小ロットで、フルカラー印刷を行いたい場合に最適です。
■ホワイト地等の淡色系の生地は、カラーインクだけで印刷する為、デジタル転写のようなシートのごわつきがなく、柔らかな生地に風合いを保つ事が可能です。

【短所】
■濃色生地への印刷が行えない。
■色の濃淡の差が出にくい印刷方法です。薄いピンクとピンク色を印刷した場合、同じような色として印刷されます。
※薄いピンクと、ホットピンク程度の濃淡の差は、再現可能です。
■金や銀、蛍光色のプリントができません。
■シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4つのインクで印刷する為、
 何百万色と表現が可能なパソコンのモニター画面と比べて、色数が少ない分、
 色の違いが出ます。
■線と線の隙間や、線の太さが、1mm以下になりますと、印刷が不鮮明になります。 あまり細かいデザインは、潰れたり、文字が読めなく場合がございます。
生地の表面付近にある細かな糸くず等が、印刷後に剥がれてしまう場合がございます。 その部分は、ドット抜けのような印刷が 載らない点として現れます。
※幣社では少しでも印刷がきれいに上がるように、事前に、取れやすい表面の糸くず等は、ローラーで取るようにしておりますが、物理的に100%取り除く事ができない場合もございます。
このドット抜けの現象を避けたい場合は、デジタル転写プリント等の、転写シートを圧着させるプリント方法をオススメします。取れやすい繊維クズを、転写シートが覆うため、このような現象を抑える事が可能です。